合格に必要な学習時間は?

社会保険労務士難易度の指標のひとつとして合格率を見たとき、7~8%となると多くの人が「一体どれだけ勉強すればいいの?!」と不安になることと思います。
確かに、社会保険労務士ほど難易度の高い資格試験となると、「何年も費やさないといけないのでは?」と挑戦する前からブルーな気持ちになってしまうこともしばしば。
受験体験記などを見ても、「もう○年かかっています・・・」という長期受験生は多々見受けられますね。

一般的に、社会保険労務士の難易度をクリアするために必要な時間の目安としては800~1,000時間といわれています。
某予備校講師によると、仕事をしながら挑戦する社会人受験生の場合、だいたい2~3年ほどかけて合格を目指すのが通常とのことですが、多くの方がもう少し回り道をしてしまっているようです。
しかしながら、一方では法律を学ぶのが初めてでも効率の良い学習でサクっとクリアしているケースもあるようです。

社会保険労務士は難易度の高い国家資格ですが、資格取得までに何年も費やす方と1年でしっかり合格してしまう方の2パターンがあるというわけです。
両者の違いは、一体何なのでしょうか?

勉強に費やせる時間や各人の能力の違いなど、相違する要素は様々考えられるものの、最大のポイントは「学習法」にあります。
受験のプロによる効率重視の学習法を元に、しかも自分のライフスタイルの中で無理なく学習できた場合、比較的早期に合格を掴んでいるようです。
「それってどんな学習法なの?」という方は、ぜひ本サイトを読み進めてみてください!
『受験生向け試験対策』にて、詳しくご紹介していますよ~

>>この方法なら6ヶ月の学習で社労士合格を目指せます!