この不況下で需要大!仕事につながる資格です

社会保険労務士「社会保険労務士」といえば、難易度の高い国家資格として認識される試験のひとつですが、近年取得を目指す人は格段に増えています。
昭和44年よりスタートした社労士資格は、その後第23回目となる平成3年までは受験者数20,000人に満たない、わりとマイナーな雰囲気でした。
しかしながら、平成4年度以降、受験者数はぐんぐんと増加し、今では毎年60,000万人以上の受験者を数えるまでになりました。
そして、社会保険労務士試験は受験者数の伸びに比例して徐々に難易度を増してきたといえます。

それではなぜ、「社会保険労務士」がこれほどまでに注目されるようになってきたのでしょうか?

本サイトでは、この注目資格についてよく問われる「5つのQ&A」と、合格を目指す受験生必見の「試験対策」などのお役立ち情報をご紹介していきますが、それに先立って、まずは「社会保険労務士資格の難易度がなぜこれほどまでに上がってしまったのか」についての原因をいくつかご紹介しておくことにいたしましょう。

社会保険労務士難易度アップの大きな要因のひとつに、「近年の経済状況の悪化」を挙げることが出来ます。
好景気の際にはあまりクロースアップされない労働・雇用にまつわる様々な問題や複雑さを極める年金問題など、これらは昨今の不況をきっかけに浮き彫りとなり、今や最大の社会問題として私たちの頭上にずっしりとのしかかってきています。
こうした事柄に対処する専門家が、他でもない「社会保険労務士」なのです。
今や社会全体からのニーズが高まり、結果として大いに注目を集めることにつながっています。
こうした背景から社会保険労務士を志す方が増え、試験難易度自体、ひと昔前と比較して格段に向上する結果となったといえるでしょう。

その他、不況に伴う資格ブームというのも、社会保険労務士の難易度を上げた原因のひとつです。
数ある資格試験の中でも、近年では、仕事に直結するものやある程度ネームバリューのあるものなどを中心に、国家資格自体のレベルが全体的に上がってきています。
社会保険労務士の難易度が上がるのももはや必然、といえるわけです。

年々高まりを見せる社会保険労務士ニーズを受け、難易度は今後もどんどん上がっていくことでしょう。
また、試験内容に関しては現在廃止されている記述式の復活も噂されており、そうなると社会保険労務士資格の難易度は確実に難しくなることが予想されています。

社労士資格取得を目指すなら、「今」です!
思い立ったが吉日、いち早くスタートを切りましょう!

>>この方法なら6ヶ月の学習で社労士合格を目指せます!